Q&A

HOMEQ&A > サポートマニュアル

サポートマニュアル

転写方法

  • カッティングシート
  • インクジェットシート
  • 水転写シート
  • CS白生地用シート
カッティングシート用 転写方法
対象転写シート一覧
ラバーシート#200T ラバーシート#300 ラバーシート#300S
ラバーシート#300T ラバーシート#300TS ラバーシート#400
フロッキー 反射シート 製版用シート
製版用シートは、水性インク用のスクリーンの製版に使用します。カッティングの方法は同じですが、転写はスクリーンの版に直接アイロン等で貼り付けてください。
1.データを出力しカッティング

デザインをパソコンでカットデータに加工し、カッティングプロッターへ出力する。

カットデータ加工方法
カットデータ加工方法

デザインデータをミラー反転し、アウトラインを作成する。
(注意) 細文字や重なりのあるデザインはカット&カス取り不可。

カッティングブロッター出力前チェック

(1)カット刃の刃圧チェック (カットテストスイッチを押す)
(2)原点位地の設定 (ベースポイントスイッチで設定)
(3)用紙の歪みチェック

2.シートのカス取り

台紙フィルムシートより不要なシート(カス)を取る。

実際のカス取りの例

3.仮転写

ヒートプレス機の上で転写する生地にシートを乗せ、レイアウトを行う。(仮転写)
転写条件は、弊社のシートの種類により異なります。
転写条件を製品一覧より調べる

仮転写

4.台紙フィルムを剥がす

台紙フィルムは、冷めてから剥がす。

台紙フィルムを剥がす

5.本転写

リケイ紙(又は、テクスチャリングペーパー)を、生地の転写面の上に置く。
次に、ヒートプレス機で再プレスを行う。(本転写)
転写条件は、弊社のシートの種類により異なります。
転写条件を製品一覧より調べる

本転写

○転写可能素材 綿・ポリエステル・綿ポリ混紡・(#400は撥水防止生地)など
○保管 直射日光・高温多湿な場所は避けて保管してください。
(長期に渡る保管・保存の場合、シートの劣化が発生する可能性があります。あしからずご了承ください。)

このページのTopへ